紫外線を浴びると何故悪い?本当に悪いのか? | みゆきの美容とダイエットみゆきの美容とダイエット






紫外線を浴びると何故悪い?本当に悪いのか?

紫外線を浴びるとビタミンDが生成されます。

ビタミンDga生成されると免疫細胞のひとつT細胞が作られます。
T細胞は、皮膚ダメージの回復を促し病原体をブロックします。

子供が日に当たるのがいいというのは、ここに理由があり、免疫細胞を強化するという意味です。

さらに紫外線によって欠陥が拡張され、血圧が下がり、血圧が下がり、インスリンの分泌量を高めます。
日に当たるとめまいすることがあるというのはこれが理由です。
紫外線に当たると血圧が下がるからですね。インスリンの分泌量が上がるということは血糖値が下がることになります。

欧米(白人)では、日光浴をよくされますが、欧米は日射量が少なく紫外線に当たる時間が短いといわれています。
その結果なにがおこるかといえば、ビタミンDの不足。

ビタミンDが不足すると「クル病」などの発生率が高まります。
欧米で腰のまがったご老人が多いのは、これが理由のようです。

クル病
骨のカルシウムが不足して、骨が曲がったり、やわらかくなったりする病気です。

|<<先頭へ | <日焼け対策は、なにをすればいいの?日焼け uv対策> | 最後へ>>|



 
コンテンツカテゴリー

 
タグ