日焼け uv対策 | みゆきの美容とダイエットみゆきの美容とダイエット






日焼け uv対策

日焼けするのは困りますよね? それでuv対策をするわけですが・・・

日焼けすると困るのは、第一に「色が黒くなる」。
色が黒くなるだけではなく、シミ・シワ・発がんの原因になるといわれているから。

日差しの強いときには戸外に出なければいいのですが、子供がいたりするとそうはいかないですよね?
未婚の方でもプールや海に出かけるとどうしても日に焼けてしまいます。

日焼け対策というと、すぐに日焼け止めクリームを塗っていくと思っていましたが、
困っている割には、日焼けがなぜ起こるのか知らないなとふと思ったので調べてみました。


なぜ日に焼けると肌の色が黒くなるの?

紫外線が肌に当たると、メラノサイトというものが活性化します。
メラノサイトは、メラノゾームといわれる黒い色素のつまった袋を肌の核の周りに作りだします。

メラノゾームが肌の核の周りに「紫外線を侵入させない」ので、実は肌が黒くなるのは肌を紫外線から守る働きをしているんです。

ちなみに、眼からの刺激でメラノサイトが活性化され肌を隠していても日に焼けてしまうという話がありますが、
紫外線の刺激を目に受けて、それが脳に伝わり、それによって肌のメラノサイトが活性化される仕組みだそうです。

でも、それによる影響は、ほんと微々たるものですので、気にしなくてかまいません。

ただし、眼そのものに過剰な紫外線を受けると眼そのものに白内障、緑内障などといった問題を引き起こしますので、日差しが強いところへ出かけるときには目を保護することも怠らないようにしましょう。

普通のサングラスは、まぶしさを抑えるだけで目を紫外線からまもることにはなりません。
UVカットのついたサングラス、サングラスでなくてもUVをカットするメガネなども出ています。

1.日焼け対策には、こういうものを使います。
2.日焼け対策は、なにをすればいいの?
3.紫外線を浴びると何故悪い?本当に悪いのか?


 
コンテンツカテゴリー

 
タグ