日焼け対策は、なにをすればいいの? | みゆきの美容とダイエットみゆきの美容とダイエット






日焼け対策は、なにをすればいいの?

日焼け対策と簡単にいっても「日焼け対策は、なにをすればいいの?」

すぐに出てくるのが日焼け止めクリーム。
ところが日焼け止めクリームは、「肌が荒れる」という方が多いですね。

なぜ肌が荒れてしまうのでしょう?


日焼け止めの主な成分

日焼け止めは「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の成分で構成されています。

「吸収剤」は、紫外線を吸収して外に逃がし、肌の核に当たらないようにします。
「散乱剤」は、紫外線を”反射”させて肌を守ります。

この散乱剤によって、時折、日焼け止めを使うとまぶしくて目が開けないという方もいらっしゃいます。

紫外線によるシミは、肌の内側にできてしまっていて、肌の老化と共に老人のシミとなって表に出てきてしまいます。
若い時はなんともないからといって軽く見ていてはダメですね。


日焼け止めでよく使われる SPF , PA って何?

そもそも紫外線というのは太陽光の一つの成分です。
さらに、その紫外線には、光の波で UVA(A波)、UVB(B波)、UVC(C波)で構成されています。

それぞれの光の波は、届く範囲が異なります。uv

UV-Aは、そのまま地上に届きます、UV-Bは、減衰されて地上に届きます、UV-Cは、地球を取り囲むオゾン層に阻まれて地上に到達しません。

一般的に日焼けといわれる、肌がひりひりしたり、水膨れ(サンバーン)などの状態は、UV-Bによって引き起こされます。
このUV-Bよるダメージを減らしてくれるのが SPF です。

SPFは、この後に数字が続き、たとえば SPF30 は、30 x 20分 = 600分 = 10時間「日焼けする状態を遅らせることができる」指標です。

20分も日に当たると日焼けしてしまうという人なら、SPF30 を使うことで、10時間大丈夫という意味になります。
(あくまでも理論値で実際には異なります)

概ねの目安ですが、普通の人で25分ぐらいで日焼けが始まってしまいます。
だからといって、私は日焼けしやすいので SPF50ぐらい・・・とやってしまうと酷い肌荒れになる可能性があります。

PAは、「シワ」「たるみ」「黒くなる」といった肌の老化を防ぎます。
PAの場合、+ の記号の数でその効果を表します。


紫外線の反射

紫外線の反射は、概ね以下のようになるといわれています。知っておくと紫外線対策の参考になると思います。

紫外線を100%とした場合
・新雪:80%
・砂浜:25%
・屋内は屋外の-10%
・高度1000mで10%~12%アップ
・曇りは、晴れの日の80%ダウン
・日蔭:50%ダウン


|<<先頭へ | <日焼け対策には、こういうものを使います。紫外線を浴びると何故悪い?本当に悪いのか?> | 最後へ>>|


 
コンテンツカテゴリー

 
タグ